2009年10月31日

明日は(藤田)

東京に出張です。

サイエンスアゴラという催しに行きます。

その中の企画で、

理系女性のきらめく未来!〜語り合おう!女性研究者支援の明日〜

理系女性のきらめく未来!〜進路選択と活躍する姿〜

この2つに行こうかと思っています。

ただ、最近休日出勤が、続いているので、
朝の会は、無理かもしれません。

どいう話が聞けたかは、また、ブログで報告します。

このサイエンスアゴラって会は、実験教室があったり、
とっても見どころ満載のようですね。
お近くの方のぞかれてはどうでしょうか?


それと、月曜日は、

私たちのプロジェクトを支援してくださっている
科学技術振興機構が主催の 

女子中高生理系進路選択支援事業の担当者の連絡会です。
他の学校の取り組みが聞けて楽しみです。
5分のプレゼンがあります!
このブログや WEBも紹介します。
posted by narakousen at 23:56 | Comment(0) | 日記

マンガで見る女性技術者の一日 アップしました!(藤田)

私たちのプロジェクトでは、WEBを作っていますが、その目玉コンテンツの1つが

マンガで見る女性技術者の一日です。

8月に、女子学生スタッフが、女性技術者の方を訪問し、その一日を取材しました。

ようやく、その第1話が完成しました。

描いてくれたのは女性スタッフのトーマさんです。

今回のマンガは、まだ、第1話で具体的な話ではないのですが、
私たちのプロジェクトの日常風景が分かってもらえるかもしれません。


こちらで公開しています。


感想をコメントしていただければ幸いです。


posted by narakousen at 07:58 | Comment(4) | 日記

2009年10月30日

自動車業界が変わってきた (藤田)

昨日のNHKの番組「クローズアップ現代」で自動車業界がが変わってきたと言ってましたね。

自動車の部品がメカ的なものから、電子的なものへ変わってきているらしいです。
これは、ハイブリッド車や電気自動車だけではなく、
普通のガソリン車についても、電子部品に置き換わってきているとのこと。
最近、4年ぐらいが特にとおっしゃってました。

それで、大変になっているのが、機械の部品を作ってきた会社です。
新しい成長分野へ転換できるかどうかがカギなのだとか。

また、電気自動車は、構造が簡単なので、今までの自動車メーカーでなくても、
参入できるようになるだろうとのことでした。

大手のメーカー、関連会社、その下請けというピラミッド型の業界構造から、
クモの巣状に企業同士が結び付くWEB型の業界構造にしていくことが必要だそうです。

そうすると、
これからの技術者は、
自分の専門がしっかり身に付いているだけでなく、
幅広い知識も要求される
のだなと思いました。


また、自動車産業にかかわる人が、就業者の8%らしいので、
自動車産業の変革は、大きな影響を与えるだろうとのことでした。

皆さんが社会にでるころには、ずいぶん日本の技術の世界も変わっているかもしれませんね。

いずれにせよ。
日本が成長を続けるには、
新しいことに挑戦できるエンジニアが必要なのです。





こちらも見てくださいね!






posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2009年10月29日

これからのキーワードは 女性(藤田)

先日、ある研究会の企画委員会がありました。

この研究会は、ある業界の技術者の方や経営者の方、公設研究所(府立、県立、市立など)、大学の先生などが会員です。
特に、今回は、業界の人たちを対象にした講演会の企画でした。
この業界の企業規模は、大企業というより、80%以上が、社員10名程度の小さな会社です。

私は、少々、会議に遅れてしまったのですが、
丁度、企画について自由な意見を言ってる時でした。

私の番がきたので、
「いつもの技術的な講演ではなく、人材育成に力を入れている企業の方に講演をしてもらってはどうですか?例えば、女性を登用している会社を紹介するとか」
と思い付きで発言しました。

その発言に、同席してくださっていた、業界の代表の方たちが賛同してくださいました。

「そうですね。これからは、女性をどう活用していくかが、大切ですから、みんな聞きたい講演ではないでしょうかね。女性の方が、粘り強く仕事をしてくれる傾向もありますからね。」

という発言がありました。

大企業だけではなく、小さな会社でも、女性の活用が、企業発展の一つのキーワードだと考えていることを知ることができました。

私の提案企画は、採用されました。
(その後の講師の人選で難航しているようですが)


posted by narakousen at 07:45 | Comment(0) | 日記

2009年10月28日

だからお勧め 女子も理系へ! (その1)

私たちのプロジェクトの目的は、
女子中高生に理系の進路の素晴らしさを伝えることです。

ということで、

「だからお勧め 女子も理系へ!」

というコンテンツをWEBに用意しました!


なぜ、女性に理系の進路がお勧めなのか・・・


私たちなりに、考えたり、調べたりして記事にしました。


その1 

女性が技術開発の現場に進出することが、今必要なのです!


を掲載しました。


こちらをご覧ください
posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2009年10月27日

たまには日常の話を…(HAL)

お久しぶりです.HALです.
最近ブログをサボりがちですが,今は裏でいろいろと作業を進めております.
その中でも先生からの予告があったように,マンガをもうすぐ公開予定です!
(マンガを描いてるのは私じゃないんですが…)
出来上がったら,ぜひ見てくださいね!

ところで,最近巷ではインフルエンザが流行ってるようですが,ついに私の妹も新型インフルエンザにかかってしまいました…
しっかりと流行の波に乗ってますね…私はまだかかってないので,流行に遅れてます.
私もかかるのは時間の問題かな…?と思ってたんですが,最近妹と接触してないので,たぶん大丈夫だろう…と.
もうすぐ文化祭もありますし,体調崩さないように頑張ります.
posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2009年10月26日

学校&入試説明会(藤田)

昨日は、中学生を対象とした学校&入試説明会でした。

中学生とその保護者がたくさん来校されました。

午前中は、教務担当者の学校の概要説明と入試制度の説明です。

午後から、専門学科の見学でした。

我々の電気工学科も、各研究室から研究に関係するいろいろな展示を出しました。

中学生、保護者とも熱心に見学してくださいました。

こういう行事では、教員が説明するだけでは、
一方通行になりがちなので、
学生たちの応援を頼みます。

今年は、5年生(最上学年)が中心になって説明をしてくれましたが、
3年生の学生も説明に参加したいと名乗り出てくれて
協力してくれました。

中学生に、自分たちの学科を
積極的に紹介しようと考えてくれる学生がいることは、
とてもうれしいことです。


さて、理系ゴコロのプロジェクトの女子学生スタッフも、
学内公募に応募して集まってくれました。
女子中高生に理系の素晴らしさを伝えたいという思いをもっているアツイ女子たちです。
posted by narakousen at 09:43 | Comment(0) | 日記

2009年10月25日

予告編

理系ゴコロのススメの

コンテンツに「マンガで見る女性技術者の一日」があります。




8月の某日に女子学生スタッフ4名と女性教員1名で、

神戸の方の企業に取材に行ってきました。



現在、マンガを作成中です。

今週中には、第1回を公開できる予定です。



ちょっと予告編です。

manga.gif

学生スタッフのトーマさんが描いてくれています。





posted by narakousen at 16:38 | Comment(0) | 日記

再度のお知らせ

再度のお知らせです。

講演会を行います!
 
ご興味のある方は、ぜひ お越しください。
 
女性エンジニア,女性研究者として活躍されている方や,
理系の勉強をしている女子学生から,女性が理系に進むことの楽しさなどを話していただきます.
ティータイムでは,講師の方々への質問や本校学生への質問コーナなどを設けます.
講師:
『素敵な女性エンジニアへのススメ』 
  大崎理江さん (株)
  デンソー 技術開発センター新事業開発室 主任部員
『女の子だって研究者を目指せる』 
 鈴木幸子さん 
 大阪大学大学院 環境・エネルギー工学専攻 助教
『理系女子のスクールライフ』
  足立麻衣子さん  
  奈良工業高等専門学校 専攻科 電子情報工学専攻 1年生
日時:11月7日(土) 13:00−15:30
(同日:青少年のための科学の祭典奈良大会が実施されています)
場所:奈良工業高等専門学校 大会議室 
奈良県大和郡山市矢田町22番地
参加費:無料



申し込み方法:WEBサイトから申し込みください.


よろしくお願いします。





posted by narakousen at 10:31 | Comment(0) | 日記

2009年10月24日

コンテンツの紹介 (藤田)

理系ゴコロのススメのホームページのコンテンツを紹介します。


私たちのサイトでは、イベント紹介と「サイエンスへの招待」というページを作っています。

「サイエンスへの招待」では、

(1)身の回りの科学

(2)マンガで見る技術者の一日

(3)女性技術者として海外で活躍する道

(4)だからお勧め 女子も理系へ



というコンテンツを作成しています。


でも、まだ できているのは、ごく一部ですが...


このうち、「身の回りの科学」について紹介させていただきます。

このページでは、日常生活を科学の目から見たらどうなるか ということを
紹介するページです。

今ある記事は、

<1> 上手なドレッシングのコツ

<2> おいしいパスタが食べたい

<3> スポンジケーキはなぜ膨らむの?

<4> ジュースの炭酸はどうやっていれてるの?

<5> 糸電話のしくみはどうなってるの?



たとえば....

<1> 上手なドレッシングのコツ
酢・油・塩を混ぜてドレッシングをつくります。
次のうち、最も上手く作れる方法はどれで
しょう?

A.酢と油を混ぜてから、塩を入れる。
B.油と塩を混ぜてから、酢を入れる。
C.酢と塩を混ぜてから、油を入れる。
D.順番は関係なし。全部一度に混ぜる。


なんて感じのページです。

答えを知りたい方は こちら です。




posted by narakousen at 15:39 | Comment(0) | 日記

2009年10月23日

同志社大学と阪急の正雀工場に行ってきました(松村)

先週、社会工場見学の引率で、

同志社大学と阪急の正雀工場に行ってきました。

同志社大学は京田辺キャンパスにお伺いし、


理工学部のインテリジェント情報工学科、情報システムデザイン工学科、


生命医科学部の説明をお聞きしました。


実は、本校の卒業生も編入学しており、


そこで久しぶりの再会を果たしました(大げさです)。




大学生活を満喫しているようで、高専とは違った環境で楽しんでいました。





高専から大学へ編入、そんな道もあります。

多くの大学で編入試験を実施しており、日にちも違うので受けようと思えば複数受験は可能です。


(受験科目や受験料の心配はありますが)


理系といっても様々な学部学科があるんだなあと説明を聞いて思いました。


私は第2次ベビーブームの世代なので、子どもの数も多く、


大学受験の頃は受験者数が毎年過去最高を更新続けてた頃だった気がします。


当時ももちろん見学会はやっていたのでしょうが、


このような見学やこんなにいろいろな学科があれば、


受けてみたかっただろうなと思いました。


そういえば、この時期多くの高校などでも同志社大学を訪問されているようで、


以前に話した姪も数日違いで訪問していました。もちろん話を聞いた学部は違うようですが・・・。


で、感想は、「説明してくれたお姉さんが親切でやさしかった」そうで、


肝心の大学での勉強についてはどうだったのでしょう・・・。








阪急の正雀工場のほうはまた機会があれば、感想を書きたいと思います。





藤田の追記:


奈良高専の大学への編入学状況は、こちらにあります
。(1年古いデータです)






専用WEB クリックしてね 

私って理系? 理系ゴコロのススメ-banner_big






ブログランキング:こちらもお願いします。


人気ブログランキングへ



posted by narakousen at 23:09 | Comment(0) | 日記

2009年10月21日

オリジナルトートバックできました

理系ゴコロのススメ 
オリジナルトートバックができました。(^∇^)


なかなか良いでしょう。

学生スタッフのHALさんがデザインしてくれました!


理系ゴコロのススメのサイトを見てアンケートに答えていただくと、
抽選で50名の方にバックがあたります!


bag.jpg







2009年10月20日

さて 今日は(藤田)

高専の5年生には、卒業研究という授業があります。


1年間、教員の指導のもとに研究に取り組む授業です。




奈良高専電気工学科の場合は、木曜日は1日卒業研究の授業です。


また、工学実験の時間も卒業研究に関係する実験をしています。


これは、火曜日の午後。


ですから、1週間に1日半の授業が割り当てられているのですが、


なかなか、その時間だけで、実験を行って成果を出すのは難しいです。






特に、今年の卒業研究の学生は、夏休みの大学の編入学試験(大学3年生になれます)があったりして、それまで受験勉強中心にしていたので、実験があまり進んでいません。






心やさしい?藤田先生(私)は、「これからは、毎日放課後は実験だなぁ」なんて、


学生にプレッシャーをかけています。




でも、学生たちも成果が出始めると面白くなってきたようで、


一生懸命実験に取り組んでいます。




その卒業研究の中間報告会が今週の木曜日に予定されています。




今日は、今から、その発表の練習です。


どんな発表をしてくれるか楽しみです。










お知らせ

理系ゴコロノすすめWEB
を見て アンケートに答えると素敵なトートバックが当たります!



posted by narakousen at 12:53 | Comment(0) | 日記

2009年10月19日

講演会のお知らせ 女性エンジニア・研究者の素敵な生き方

講演会を行います!

ご興味のある方は、ぜひ お越しください。




女性エンジニア,女性研究者として活躍されている方や,
理系の勉強をしている女子学生から,女性が理系に進むことの楽しさなどを話していただきます.
ティータイムでは,講師の方々への質問や本校学生への質問コーナなどを設けます.


講師:
『素敵な女性エンジニアへのススメ』 
  大崎理江さん (株)
  デンソー 技術開発センター新事業開発室 主任部員


『女の子だって研究者を目指せる』 
 鈴木幸子さん 
 大阪大学大学院 環境・エネルギー工学専攻 助教


 『理系女子のスクールライフ』
  足立麻衣子さん  
  奈良工業高等専門学校 専攻科 電子情報工学専攻 1年生


日時:11月7日(土) 13:00−15:30
(同日:青少年のための科学の祭典奈良大会が実施されています)


場所:奈良工業高等専門学校 大会議室 
奈良県大和郡山市矢田町22番地


参加費:無料



申し込み方法:10月30日(金)までに
WEBサイトから申し込みください.

   

http://rikeigokoro.jp/
 「理系ゴコロ」で検索!



よろしくお願いします。




お知らせ


理系ゴコロノすすめWEB
を見て アンケートに答えると素敵なトートバックが当たります!


posted by narakousen at 00:00 | Comment(0) | 日記

2009年10月18日

鳩山さんと菅さん 共通点は?(藤田)

鳩山総理大臣と菅副総理 



もちろん 同じ民主党の所属で、現在の日本の政治の中心におられます。



その共通点として 私が興味深いのが、



お二人とも 理系なことです。 ウィキペディア(Wikipedia)で調べてみると。



鳩山さん

東京大学 工学部 応用物理・計数工学科

スタンフォード大学 博士課程 オペレーションズ・リサーチ 専攻

東京工業大学助手

専修大学経営学部 助教授




菅さん

東京工業大学 理学部 応用物理学科卒業

弁理士試験合格(特許の関係の資格です)



だそうで。



バリバリの理系ですよね。



さて、このお二人が、日本の科学技術政策や 

大学や高専の技術者教育に力を注いでくだされば良いのですが。



今、日本の技術力は大変の時期に来ている思うのです。

将来を担う人材の育成も急務です。



お二人の理系の経歴に期待したいです。




お知らせ

理系ゴコロノすすめWEB を見て アンケートに答えると素敵なトートバックが当たります!



posted by narakousen at 13:10 | Comment(0) | 日記

2009年10月17日

カガクシャと俳優 その2 (宇田)

前に「カガクシャと俳優 (その1)」で、俳優になった知り合いの話をしました。
普通の高校生がそのときの言葉通り、俳優になる話です。

すごくカッコいいわけでもスタイル抜群でもなかった
(自分の容姿を棚に上げて、失礼お許しを)
彼が、テレビで活躍中の役者さんになるには、かなりの努力があったと想像します。
私が拍手喝采したいのは、彼の役者を続ける意志です。


ところでタイトルにある一方の“カガクシャ”こと私は、どうなったか。
カガクシャになったのか。答えはイエスであり、ノーです。


私は高専の先生ですから、ノーと言えます。
学校の先生は科学者だと言われると違和感ありますよね。
でも、別な意味ではイエスといえます。

私は、化学の研究を仕事の一部にしています。
一日中というわけではありませんが、実験をしたりデータを解析したり、ときには学会で発表することもあります。

「具体的に仕事で何をやっていますか」という話になれば、
科学者と高専の先生は全く無縁ではないのです。

多くの人は、幼いときに「○○になりたい」の夢があったと思います。
進路が気になりだした皆さん、
昔思っていた○○になりさえすれば、自分が描いていた毎日が過ご
せるのでしょうか。

やりたいことは、他の△△でも実現できる、またはより理想に近かったりしませんか。
小さい頃は「○○になりたい」でOKでした。そろそろ「○○をやっていたい」を考えてはどうでしょう。
posted by narakousen at 20:59 | Comment(0) | 日記

2009年10月16日

インフルエンザ(藤田)

今日は、奈良高専の工場見学の日です。

実際にモノを作っているところなどを見学する楽しい行事です。
(工場以外に、自然に親しんだり、史跡を見たりもします)


でも、私は、今、パソコンの前に座っています。



インフルエンザのおかげで、
付き添いをするクラスの工場見学が中止になってしまいました。(ノ_-。)


相手先の企業にご迷惑をかけないための中止の基準を設定していますので、
たくさんのクラスで、残念ながら工場見学が中止になってしまいました。

これから秋の行事が無事に開催できるかが心配です。


理系ゴコロノすすめWEB を見て アンケートに答えると素敵なトートバックが当たります!
posted by narakousen at 12:01 | Comment(0) | 日記

2009年10月15日

カガクシャと俳優 その1 (宇田)

最近、知り合いをテレビでちょくちょく見かけるようになりました。
彼との出会いは、私が大学生の頃にさかのぼります。

私は地元の小さな個人塾でアルバイトをしていました。
彼は高校生で、そこの生徒さんでした。
高校生の数は少なく、私が2、3人を担当して教えているこじんまりとしたものでした。
私は工学部の学生だったため、彼らは「カガクシャ」というニックネームを付けてくれました。
勉強の話もありましたが色々と雑談することも多く、
そのうち彼は「実は役者になりたい」という話をしてくれました。

彼は、目鼻立ちは整っているけれどずば抜けて男前というわけでもなく、
背が高いわけでもなかったのですが
(俳優さんに向かって失礼なこと言ってます、ごめんなさい)、

「そーか・そーか、がんばれ」というようなことを私は言い、
それからしばらくして彼は卒業しました。

あれから時間が経ちました。

彼は役者の道を進んだようです。
俳優として活躍している彼の姿をテレビで見ると、
「あのときの言葉は本物だったんだ」と思います。
実を言うと私はあのとき、普通の高校生の彼が本気で役者をやってしまうとは、
思えなかったのです。

皆さんの周りにも「○○をやるぞ」とか、でっかい事言ってるけど、本当?っていう
人いません?

意外とやってしまうかもしれません。人生わからないものです。
(つづきます)
posted by narakousen at 23:21 | Comment(0) | 日記

2009年10月10日

合同中間発表会(HAL)

こんばんは.HALです.
今日は前の学校の研究室の先生に呼ばれて,後輩たちの卒業研究の中間発表会に参加してきました.
今回の中間発表会は近畿大学の研究室との合同発表会でして,私の知らない方々の研究発表も聴講させていただきました.

おっと…中間発表会の説明をしなければ…
通常,高専や大学(の理系の学科)では,最終学年に「卒業研究」というものをします.
研究のおはなしは前々回にしましたが,その研究を最終学年の1年間をかけて行ないます.

その卒業研究ですが,半年ぐらい経った時に「今,自分の研究がどれだけ進んでいるのか」というものを他の学生や先生たちに見てもらうのが「中間発表会」です.
発表会では自分の研究を発表したり,他の学生の発表を聴いて質問したりします.

今日,私は聴くだけで発表はしなかったのですが,後輩たちも近大の学生の方たちも,とても興味深い発表ばかりで面白かったです.
ほとんどが私の専門分野とは少し違う研究なので,少し分からないところもあるのですが,それでもすごく勉強になりました.

中間発表会があれば,もちろん最終の発表会もあります.
それに向かってみんな毎日必死です…もちろん私もそこに向かって頑張っています.

さーて…私も研究を進めなければ…
posted by narakousen at 22:53 | Comment(0) | 日記

2009年10月09日

ネームカード (鬼頭)

台風北上中です.
被害のないことを祈っています.

さて先日,盛岡で日本機械学会の年次大会が行われました.
機械系は女性の少ない分野ですが,
私の短い研究者歴の中でも
時代は変わってきていると感じたことがありましたので
そのお話を少し.

この学会の受付ではいつもネームカードが渡されます.
これまでネームカードは胸ポケットに差し込むものでしたが,
今回私がもらったネームカードは首掛け式でした.
どうやら男性には胸ポケットに差し込むものを,そして
女性には首掛け式のネームカードが渡されているようでした.
胸ポケットのないスーツを着ている女性への配慮・・・うれしい。

ネームカードの小さな不便が解消されたことに
大きな時代の変化を感じた学会でした。
posted by narakousen at 00:00 | Comment(0) | 日記