2009年10月10日

合同中間発表会(HAL)

こんばんは.HALです.
今日は前の学校の研究室の先生に呼ばれて,後輩たちの卒業研究の中間発表会に参加してきました.
今回の中間発表会は近畿大学の研究室との合同発表会でして,私の知らない方々の研究発表も聴講させていただきました.

おっと…中間発表会の説明をしなければ…
通常,高専や大学(の理系の学科)では,最終学年に「卒業研究」というものをします.
研究のおはなしは前々回にしましたが,その研究を最終学年の1年間をかけて行ないます.

その卒業研究ですが,半年ぐらい経った時に「今,自分の研究がどれだけ進んでいるのか」というものを他の学生や先生たちに見てもらうのが「中間発表会」です.
発表会では自分の研究を発表したり,他の学生の発表を聴いて質問したりします.

今日,私は聴くだけで発表はしなかったのですが,後輩たちも近大の学生の方たちも,とても興味深い発表ばかりで面白かったです.
ほとんどが私の専門分野とは少し違う研究なので,少し分からないところもあるのですが,それでもすごく勉強になりました.

中間発表会があれば,もちろん最終の発表会もあります.
それに向かってみんな毎日必死です…もちろん私もそこに向かって頑張っています.

さーて…私も研究を進めなければ…
posted by narakousen at 22:53 | Comment(0) | 日記