2010年01月30日

マンガで見る女性技術者の一日 第3回 アップしました!(藤田)

お待たせしました.

マンガで見る女性技術者の一日をアップしました.
今回もインタビュー編なので,
マンガはありません.

挿絵だけですみません.

家事などとの両立編です.


こちらをごらんください.
posted by narakousen at 23:08 | Comment(0) | 日記

2010年01月29日

ご紹介 女子エンジニアの方のブログ (藤田)

今日は,私がときどき読ませていただいているブログのご紹介を...


アメブロで,「☆理系女子 増殖計画☆」を開設されているazusaさんのブログです.
ブログは,こちらです.

会社で,研究開発をされている女性で,ときどき,海外出張などもされていて,
女性技術者の日常が垣間見れるブログです.


azusaのご趣味は,絵を描くこと.
ブログでも,このようなステキなイラストを描いてくださっています.

きっと左脳で研究をして,右脳で絵を描かれているんでしょうね.
絵が好きな方も,技術者を夢見る方も,参考になるブログだと思いますよ.


o0800113210379388378.jpg
(azusaさんから許可をいただいて,絵を掲載しています.)

中学生・高校生の皆様
これから,ときどき,私が読ませていただいている女性研究者や技術者のブログなどをご紹介します.
とっても素敵なブログばかりです.
しかし,内容については,すべてを確認しているわけではありません.
ブログに限らずインターネットの閲覧には,保護者の方の確認をいただいてからしてくださいね.
なお,このお勧めは,藤田個人としての紹介で,
奈良高専が公式にお勧めしているものでもありません.
posted by narakousen at 00:54 | Comment(0) | 日記

2010年01月28日

卒論の添削 (藤田)

先日,ブログに書いたように,卒業研究の添削などで,
忙しくなってきました.

ちなみに,わたしは,かなり細かな添削をします.
だから,学生も大変だと思います.


学生の卒論を読んでいると,1年間のその学生のがんばり度が,分かります.

先生にやらされている感じの卒論は,やっぱり何だか,力がありません.

自分から,興味を持って,がんばった学生の卒論は,
文章が拙くても,やっぱり,「彼(彼女)は,1年間がんばってたなぁ〜」って思わされる場合が多いです.

そういう卒論に出会うと,添削するのも楽しいですね.


でも,PCの前に座りっぱなしなので,腰と目が痛いです.
後,もうしばらく,この忙しい日が続きます.

posted by narakousen at 09:54 | Comment(0) | 日記

2010年01月26日

追い込み(藤田)

卒業研究論文の締め切り(来週月曜日)が近付いてきました.

学生も毎日,遅くまで最後の追い込みです..


添削する私も,結構大変です.

ですから,ブログは,今日は,このくらいにさせていただきます.



理系の卒論は,実験とかあって,大変ですよ....でも,探求する面白さがあります (~_~メ)
posted by narakousen at 21:58 | Comment(0) | 日記

2010年01月25日

産学共同教育 (藤田)



今日は,東京に出張でした.

私の属する国立高専では,オムロン株式会社様から,ご寄附をいただいて,制御機器に関する教育を進めています.

寄附いただいたのは,

@電子制御技術の学習用教材(40万円相当)275セット

A寄附金1億1500万円、

B教育・研究指導にあたる高専教員に対し、
 東京をはじめとする全国5会場でのセミナーの実施

です.

この学習教材は,全国の高専に5台ずつ配布されて,学生の教育にとっても有効に使われています.


私は,このオムロン様のプロジェクトに関係しているため,今日,東京で,オムロンの方との打ち合わせがあったのです.


打ち合わせで感じたのは,オムロンの方々が,とっても熱心に高専の教育のことを考えてくださっていることです.

社員の方が,手分けをされて,全国の高専を回って,教材の使い方のアドバイスをしてくださったり,高専の現場の要望を拾い上げて,サポートしようとされています.

企業として,社会に貢献するんだという熱意が打ち合わせの中でも伝わってきました.


最近,産学共同教育(COOP教育)という言葉をあちらこちらで聞きます.
企業と学校が一緒になって,学生の教育に当たるという新しい教育の方法です.

単に,企業でのインターンシップをするというだけでなく,カリキュラムの中で企業と学校が一緒になって学生を育てるというものです.
実社会で活躍できる技術者を養成するには,このような教育の方法が有効であると言われています.


今回,オムロン様から,いろいろサポートをいただいて,高専での制御教育に新しい展開が生まれようとしていますが,COOP教育として,しっかりと根を下ろした活動にしていきたいですね
ということになりました.


これから,工学系の学校に進学する人は,産学協同教育という新しい方法での教育を受けらるかもしれませんね.

posted by narakousen at 18:12 | Comment(0) | 日記

2010年01月24日

発電クイズの答え(藤田)



朝のクイズの答えを書きますね.

1.火力発電
2.風力発電
3.水力発電
4.太陽光発電
5.原子力発電


発電の原理からみると,1つだけ,他のものと違ったものがあります.

さて,どれでしょうか・・・・・・が問題.



答えは...

太陽光発電です.


原子力,風力,火力,水力は,すべて,発電機を回転させて電気を作っています.

発電機の基本構造は,モーターと同じです.

コイルと磁石があって,電流が流れると,フレミングの法則で,力が発生し,
モータが回転します.

その逆で,コイルが磁石の中で動くと,電圧が発生します.

コイルを磁石の中で動かす(回転させる)必要があるのですが,
その回転させるのに,
原子力や火力ではお湯を沸かして,その蒸気の力で発電機を回すのです.
風力では,風車の回転,水力では,水車の回転で発電機を回しています.

ですから,このタイプは,同じ発電原理なのです.



太陽光発電は,
光が,半導体という材料に入ったときに,
光の持っているエネルギーで
プラスの電気のもとと,マイナスの電気のもとができるのです.


だから,他の方法と違うんですよね.


posted by narakousen at 16:00 | Comment(0) | 日記

発電クイズ(藤田)

クイズです.

1.火力発電
2.風力発電
3.水力発電
4.太陽光発電
5.原子力発電


発電の原理からみると,1つだけ,他のものと違ったものがあります.

さて,どれでしょうか・・・・・・



答えは,夕方に. ~_~メ)
posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2010年01月23日

ソーラーカーレース(藤田)

NHKの番組で,大陸横断ソーラーカーレースの様子をやっていました.

東海大学が日本のチームとして13年ぶりに優勝したそうです.


太陽電池を宇宙衛星で使うとっても高価なものに変更して,
たくさんの太陽電池を積んだソーラーカーが誕生しました.

発電できるワット数は,1800Wだそうです.

ドライバーは,ラリーのベテランドライバー.
砂嵐ん中でどのように走行するかの作戦など
面白かったです.



こういうレースで研究開発された技術が,
民生用(普段に使う)のソーラーカーに応用できたらいいですね.

posted by narakousen at 21:02 | Comment(0) | 日記

遅くなってしまった (藤田)

今日は,理系ゴコロのススメ”の外部評価委員会”というのがあります.

その準備をしていたら,こんな時間になってしまいました.

外部評価委員会とは,”理系ゴコロのススメのススメの活動に対して,
いろいろな立場の方から,コメントをいただいて,
よりよい活動にしていくための会です.

小学校の校長先生,教育委員会の方,塾の先生,女子学生の保護者の方などが
委員として来られます.

1年間,私たちがやってきた活動をご紹介し,
それについての評価をしていただくのです.



さて,どんな評価をいただけるのでしょうか.

posted by narakousen at 01:36 | Comment(0) | 日記

2010年01月22日

マンガで見る第2話更新(藤田)

しばらくWEBのコンテンツの更新が
止まっていましたが,ようやく,
「マンガで見る技術者の一日,第2話」が公開になります.

でも.....

すみません.

マンガの担当が忙しくて,
今回は,イラスト1つになりました.
学生スタッフリーダのHALさんが描いてくれました.

なかなか,素敵なイラストです.

インタビュー編は,イラストになります.
ごめんなさい.

posted by narakousen at 17:02 | Comment(0) | 日記

2010年01月21日

エンジニアと英語 (*^_^*) (藤田)

私は,日本高専学会という学会の編集委員をしています.
日本高専学会という学会は,高専の教育と研究について考えようという学会なのですが,その学会誌の編集をしています.

学会誌に特集を組むのですが,

7月号は,「高専における国際化教育と英語教育」,

10月号は,「高専における女性技術者の育成」

という特集を提案しました.


10月号のテーマは,理系ゴコロのススメの活動をしている私らしいでしょ!?
高専を卒業した女子学生の動向調査などをされおられる先生などの記事に加えて,私たちの活動の紹介するつもりです.


さて,今日は,7月号の特集について.

先日,本校の推薦入試があったですが,
本校では,推薦でも,適正試験という名の筆記試験をします.
科目は,「数学」「理科」と「英語」です.
理数系の学校なので,「数学」と「理科」が試験科目にあることは,わかりますよね.

それに加えて,「英語」もあるのです.

なぜなら,エンジニアは,日本国内だけを仕事の場としていては,ダメな時代がずっと前から来てるからです.
企業は,海外の工場で生産をしたり,最近では,海外に研究開発部門を作ったりしています.
ですから,そこで働く外国の人たちとの意思の疎通を図るには,どうしても英語が必要なのです.
英語で書かれた,機器の説明書を読むことなども必要ですし.

研究発表などを行う研究者なら,英語で論文を書いたり,口頭発表をする必要があります.

ですから,エンジニアや研究者にとって「英語」はとっても大切な能力になっているのです.
高専の入学生の中には,
英語が苦手だから,高専を選んだという人も時々いますが,
これからの時代,英語を使えるようにならないと困ることが多くなるでしょう.

いくつかの電機メーカでは,英語の成績が悪いと,係長になれないという基準を設けています.

英語の勉強は,しなければならないものです.
避けて通れないことなら,
早くから取り組んだ方が身に着くはずです.
特に,語学は,時間をかければかけるほど,成果が上がるものですよね.

将来のエンジニア,研究者を目指すみなさん.
がんばって英語の勉強をしましょうね.



・・・・ちなみに,私は,英語が苦手です.



posted by narakousen at 15:29 | Comment(0) | 日記

2010年01月20日

スマートグリッド構想(藤田)

アメリカが,スマートグリッド構想という計画に
3000億円の技術開発費を支出することにしたというニュースが年末にありました.

太陽光発電や,風力発電などの自然エネルギーを利用した発電が環境を守る上でとっても大切です.
しかし,この自然エネルギーの発電は,天候などに左右されるために,不安定なエネルギーになります.
これをそのまま,送電網に送ると,送電網が安定しません.

スマートグリッドというのは,スマートメータという電力メーターを各家庭に設置し,
インターネットを使って,家庭の電力使用状況や,各家庭に付けられたソーラーパネルの発電状況などを把握できるようにし,その情報を元に電力を管理するものです.

余った電力は,各家庭で,電気自動車のバッテリーに蓄えれば,地域全体の電力の流れを
発電+バッテリーを使ってコントロールできるようになるというものです.

Google,IBMなども,このスマートグリッドビジネスに参入を始めています.
電気とインターネットの融合を目指しているそうです.

このような,技術がアメリカ主導で進むと,
世界の技術標準が,アメリカの決めた基準で動くことになります.

そうすると,日本の技術が主導権をとることが難しくなるそうです.
今後,この分野への日本の参加が大切だと思いました.


ところで,私の所属する電気工学科は,
来年度から,「エレクトロニクスで環境問題を解決する」というのを
キャッチフレーズにして,環境系の科目を増やして,
環境問題を解決できるエレクトロニクスの技術者を養成しようとしています.

私も,1年生の環境リテラシという新しい科目を担当することになります.
環境と電気の関係をこれからも勉強していかないとと思っています.





こちらもどうぞ!理系ゴコロのススメWEB


 クリックしてください。 人気ブログランキングへ


posted by narakousen at 20:14 | Comment(0) | 日記

2010年01月19日

新しいコンテンツの準備 (藤田)



今年度の「理系ゴコロのススメ」の活動も間もなく終わりです.
今,最後の仕上げとしてWEBに新しコンテンツの用意をしています.

名付けて,

女子中高生の理系進路選択のためのイベントカレンダー


です.

私たちが,今年度企画したのと同様の女子中高生向けの行事が,
他の学校などでも行われています.
それらの行事をなどを紹介するカレンダーをWEB上に作ろうと思いました.
詳細は,出来上がってからご説明しますね.


しかし,残念ながら,私には,それほどのコンピュータスキルはありません.

それで,思いだしたのが.....


そう,以前,理系ゴコロのススメについて紹介した講演会で
ご一緒だったフリーのソフトエンジニアのNさん(→この方です)

女子中高生のための理系ゴコロのススメですから,
彼女たちの先輩にあたる女性エンジニアにお願いするのも良いのではないかと思いました.


でも,残り予算があんまりなくて....

「正直に,○○円でお願いします.」とお願いしましたら.
引き受けてくださいました.

「え!そんな安い値段で」と同僚のコンピュータに詳しい先生は驚いていました.


Nさん,どうもありがとうございます.
よろしくお願いしますね.




posted by narakousen at 22:39 | Comment(0) | 日記

2010年01月18日

電子顕微鏡(藤田)

電子顕微鏡の記事を書きましたが,
うまく画像がアップできないので,
ミラーサイトの方をご覧ください.

http://ameblo.jp/rikeigokoro/entry-10437069373.html
posted by narakousen at 13:59 | Comment(0) | 日記

2010年01月16日

来年度の準備(藤田)

私たちのプロジェクトは,科学技術振興機構の女子中高生の理系進路選択支援事業に採択されています.
この事業は,1年ごとの申請ですので,
来年も活動を続けるには,再度の申請が必要です.


1月15日から申し込みが開始されました.
締め切りは,2月12日です.
すでに,来年度の計画は,ある程度立ててありますので,
あとは,申請書を書くだけです.

今年度は,13機関が事業に選ばれたのですが,
来年度は,5機関だけとか.
かなり,狭き門になりそうですが,
活動が続けられるように頑張ってみます.


みなさんも応援してください.

応援方法は,WEBにアクセスしてくださること!
(最近,コンテンツの更新がないので,申し訳ないのですが.)

よろしくお願います.
posted by narakousen at 13:38 | Comment(0) | 日記

2010年01月15日

注連縄(しめなわ)もエコ (鍵本)

エコシリーズ(?)続きです。

今日は1月15日。小正月です。
この日は「とんど焼き」と呼ばれる行事も日本各地で行われますね。
というわけで、今朝、出勤前に近所の神社に、この正月家に飾っていた注連縄(これ
で「しめなわ」と読みます)を持って行って来ました。

数年前はそのとんど焼きの看板の横に「燃えない部分は取り外してください」という
旨の注意書きが目立つようにありました。おそらく燃やしたときのダイオキシンの発
生を警戒していたのでしょう。

今は、もともと注連縄自体に、以前ほどビニールの類のものは使わないようにしてい
るようです。一応持っていく前にチェックしたのですが、まあ大丈夫かな、という感
じでした。

こういうところにもエコロジーの考えが広がるのはよいことだなあと思います。

posted by narakousen at 23:36 | Comment(0) | 日記

2010年01月14日

研究協力 (藤田)

今日は,奈良高専の近くの奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)という学校に行ってきました.

奈良先端大については,前に学生のスタッフのHALさんが書いてくれていましたね.

今日は,物質創成科学研究科のU教授にお願いして,
私の卒業研究の学生の作った材料の測定をしていただいたのです.

U教授が研究施設の案内をして下さった後に,
助教の先生お二人と,博士課程の学生さんお一人(実は,僕の研究室出身)が,
ほぼ,丸一日,私の試料の測定をお手伝いして下さいました.
奈良高専のH先生も,私と一緒に行ってください,測定を助けて下さいました.

とっても親切に対応して下さいました.
ありがとうございました.

さて,
中学生や高校生のみなさんは,
研究は一人でコツコツとやるものと想像されているかもしれませんが,
実際は,いろいろな人の助けを借りて,進めていくものです.

特に,最近の新しい発見や発明は,いろいろな学問領域の知識などが必要とされますので,
専門の違う研究者が集まって,研究を進めることが多くなっています.

一人で,研究室に閉じこもっているという研究者のイメージとちょっと違うでしょ?

posted by narakousen at 00:32 | Comment(0) | 日記

2010年01月13日

エコカー から考えたこと(藤田)

鍵本先生に続き 車ネタですが.

先日の報道で,トヨタのハイブリッドカーの販売台数で,年間の1位になったそうです.
その他のハイブリッドカーと合わせて,全体の1割を超えたそうです.

エコカー減税の効果などもあるのでしょうが,
環境に対する意識が高まってきた表れじゃないでしょうか?


私が子供のころに,技術の道を選んだのは,
”何か便利なものや役に立つものを作って見たい”という気持ちからでした.
すでに,技術の負の部分である公害問題について社会の関心はすでに高い時代でしたが,
それでも,まだまだ,便利なもの役立つものが欲しいという気持ちが世の中全体にありました.

パソコンはまだ,ほとんど普及していないし,
液晶テレビや携帯電話もない時代ですから.

さて,今の子供たちは,どうでしょうか?
便利なものを作ってみたい という子供もいるかもしれません.
たとえば,人間型のロボットを作って便利な世界を作るんだと夢見ている人もいるでしょう.
でも,どちらかというと,
便利さよりも,環境を守ることの大切さを感じている人が多いのではないでしょうか?




環境と便利な世の中の両立.
難しい課題ですが,これからの技術者にとって最も重要なテーマではないでしょうか.

ハイブリッド車の販売の伸びを見ながらそのことを感じました.
posted by narakousen at 07:41 | Comment(0) | 日記

2010年01月08日

車の運転は、男?女?(鍵本)

車に関する話の続き。

一般的に男性のほうが運転がうまい、などと言われることもあるようですが、
今や、JRにも女性の運転士さんのいる時代。あくまでも個人差のようです。

さて、季節はずれの話ですが、七夕(たなばた)の織姫と彦星。
日本では、男性の彦星が、織姫のもとにやって来るというイメージがありますが、
もともと中国では、織姫が馬車を駆って鵲(かささぎ)が作ってくれた橋を渡る、
ということになっています。

いわば、女性が運転手。

それが日本に入ってきたときに、日本の「通い婚」の風習から、彦星が通ってくるこ
とになったのです。

こんなところにもそれぞれの文化の違いが表れていて面白いですね。


posted by narakousen at 08:00 | Comment(0) | 日記

2010年01月07日

マイカーでエコ(鍵本)

先日、運転免許の更新に行って来ました。
一応「ゴールド免許」です。
とはいえ、運転は下手なので、普段は買い物か通勤で
片道15分の道を走るぐらい。
(だからゴールド免許を取れた、という説もある……)

そもそも私の家族で、マイカーを所持したのは私が初めて。
だから、私は車に関して無知である。
でも、わが職場には、車を所持している人も、車に詳しい人もかなりいらっしゃるの
で、何かとアドバイスを受けることができる。
例えばガソリン。給油するときに、どの程度の量を頼んだらよいのかわからなかった
のだが、周囲の先生に聞くと、下記のような返答。

「空気中には水分が含まれているので、昔は錆を防ぐ意味から満タンにする方がいい
と言われていたが、今の車は錆びにくくなっているので、満タンにする必要はなく、
むしろ車を軽くするために、半分ぐらい入れて走り、1/4以下に減ったら入れるぐ
らいがいい」

というわけで、この方法を守っている。
それからエコ運転。一応、先の信号を見て、早めにエンジンブレーキをかける(要す
るにアクセルから足を離す)ようにしている。
ただし、これをすると、後の車が追い越しをかけてくることがある。
そういうときは「あ〜、ガソリンの無駄遣いしてる〜。」と思ってやり過ごすことに
しています……。
posted by narakousen at 11:00 | Comment(0) | 日記