2010年06月26日

iPad

先日から、TVのコマーシャルや、ニュースなどでも取り上げられているiPad。
いろいろ便利な機能がついていて、趣味や仕事など様々なことに使えそうです。
買った方おられますか?

私も欲しいなと思ってはいます。
でも、ちょっと悔しいことがあります。

なぜ、こんな商品を日本が作ることができなかったのか?
発売のニュースを聞きながらずっとそのことが気になっていました。

日本が作ることができなかった!
いえ、厳密に言うと、技術的には、十分作ることはできるはずです。

それでは、なぜ、iPadは、アメリカ製なんでしょ?
(作っているのは中国の工場かもしれませんが)

アイデアで負けた?
こんな商品思いも着かなかった?
いえいえ、素人の私でも、もっと大きな画面の液晶をタッチパネルで操作できるIT端末があれば良いなと思っていました。

では、なぜでしょうか?
何人かの先生とも、食堂などで、話をしました。

やっぱり、コンテンツ(アプリ)と組み合わせたビジネスモデルができていなかったからかなというのが、私たちの結論です。

ゲームや、学習用のツールなど、いろいろなアプリが準備できてこそ、この端末は本領を発揮します。
アップル社は、それを作る会社などと、うまく連携できたということでしょうか。
 
ところで、最新号のWEDGEという雑誌で、
”なぜ日本はiPadを出せなかった”
という特集があるようです。

同じように疑問を持っている方がおられるんですね。
興味あるので、雑誌を買って読んでみようかと思います。

技術的に作れなかったのではなく、
(世の中に商品として)出せなかった
と言うことです。

作ることができても、売り出すことができない。

実際の技術の世界って、そんなに単純じゃないのです。
このことについては、また、今度書いてみます。
posted by narakousen at 10:38 | Comment(0) | 日記

2010年06月22日

ロマン (藤田)

少し古いニュースになりますが,探査機 はやぶさ が
小惑星イトカワの探査を終えて,7年ぶりに帰ってきましたね。

何度も故障しながら,なんとか帰って来たはやぶさの姿に感動した人もたくさんいたようです。

関わった研究者や技術者の方々も大変な苦労だったと思いますが,
達成感があったでしょうね。

研究や開発は,いろいろ困難も多いのですが,
その困難を解決していく時に,とっても素敵なワクワク感があります。

昔,NHKでやっていたプロジェクトXなどでも,
いろいろな商品の開発が取り上げられていましたよね。

はやぶさの話もそうですが,研究や開発の物語には,
多かれ少なかれ,人を感動させる何かがあるのではないでしょうか?

理系の仕事って結構,ロマンがあるんですよ。
posted by narakousen at 11:40 | Comment(0) | 日記

2010年06月15日

ブログ再開(藤田)

プロジェクトリーダー藤田です.
しばらくブログの更新ができない状態でした.
今日からがんばって,再開したいと思います.

さて,今年度の理系ゴコロのススメは,函館・仙台・奈良・呉・香川・有明の6高専が協力して実施していますが,
先日,”理系に対するイメージを変える”リーフレットを作成して,この6高専の近隣の中学,高校へ在籍している全女子学生へ配布をお願いしました.

配布した枚数は,28万2210枚!
このリーフレットを見て,
このサイトを初めて見てくれている方もおられるのでは,ないでしょうか?

私たちのプロジェクトでは,この夏に,女子中高生と各高専の女子学生が,理系の仕事に携わっている方々を取材する”理系ゴコロ探検隊”を結成します.
それらの方々の職場を見せてもらって,いろいろインタビューしようという企画です.

インタビューの結果は,このWEBのコンテンツにしていきますので,ぜひ皆さん見てくださいね.

ブログも,なるべく更新しますので,よろしくお願いします.
posted by narakousen at 08:40 | Comment(0) | 日記