2009年10月30日

自動車業界が変わってきた (藤田)

昨日のNHKの番組「クローズアップ現代」で自動車業界がが変わってきたと言ってましたね。

自動車の部品がメカ的なものから、電子的なものへ変わってきているらしいです。
これは、ハイブリッド車や電気自動車だけではなく、
普通のガソリン車についても、電子部品に置き換わってきているとのこと。
最近、4年ぐらいが特にとおっしゃってました。

それで、大変になっているのが、機械の部品を作ってきた会社です。
新しい成長分野へ転換できるかどうかがカギなのだとか。

また、電気自動車は、構造が簡単なので、今までの自動車メーカーでなくても、
参入できるようになるだろうとのことでした。

大手のメーカー、関連会社、その下請けというピラミッド型の業界構造から、
クモの巣状に企業同士が結び付くWEB型の業界構造にしていくことが必要だそうです。

そうすると、
これからの技術者は、
自分の専門がしっかり身に付いているだけでなく、
幅広い知識も要求される
のだなと思いました。


また、自動車産業にかかわる人が、就業者の8%らしいので、
自動車産業の変革は、大きな影響を与えるだろうとのことでした。

皆さんが社会にでるころには、ずいぶん日本の技術の世界も変わっているかもしれませんね。

いずれにせよ。
日本が成長を続けるには、
新しいことに挑戦できるエンジニアが必要なのです。





こちらも見てくださいね!






posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。