2009年11月01日

サイエンスアゴラ(藤田)

今、東京に向かう新幹線の中です。

新幹線の無線LANサービスで、インターネットにも簡単にアクセスできますね。
私は、最近、このサービスが使えるN700系にしか乗りません。


さて、昨日、書いたサイエンスアゴラに行くので、
その下調べをネットでしています。

ネットから、転載させていただきますと、


サイエンスアゴラは、“科学と社会をつなぐ”広場(アゴラ)となることを標榜し、2006年から始まりました。サイエンスに対して知りたいこと、考えていること、言いたいこと、訴えたいことがある一般市民から科学者・研究者まで、全ての方々に開かれた広場です。

各地で活動するNPOや企業、公的機関、大学研究室などの団体や、ボランティア活動や研究を行う個人が、シンポジウム・ワークショップ・ショー・展示など多くの企画を出展します。あらゆる企画を通じて、サイエンスと、サイエンスが社会にもたらす影響やサイエンスにまつわる様々な問題について、共に考え、楽しむ双方向のコミュニケーションを行うイベントです。

アゴラ:もともとギリシャ語で、人々が自由に集い議論する「広場」を意味しています。



だそうです。

かなりの規模のイベントですね。

もしかしたら、このブログを見てくださる皆さんも
何か関係されているのではと思いました。


行くのが楽しみです。
posted by narakousen at 10:53 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。