2010年02月03日

部分点(藤田)

テストの採点をするときに困るのが,
部分点です.

例えば,考え方は合ってても,
計算ミスで答えがあっていない場合,
何点にしようかと思います.

10点満点だと,だいたい8点ぐらいかな??

以前,部分点を一切なしにして,採点したことがありました.
学生から,不平の声が...


さて,なぜ,部分点のことを書いたかというと,
技術者には,部分点が無いということを改めて思ったからです.

皆さんが,何かの製品を作ったときに,
最後の最後に,小数点の位置を1つ間違えたとしましょう.

その結果,どんなことが起こりますか?

そうです.
欠陥商品ができてしまいますよね.

小数点の位置を1つ間違えると,
例えば,電流だと10倍の電流値が流れることになるかもしれません.そんなことをすると,最悪の場合,発火します.

今日のニュースで,自動車の欠陥の報道がありました.
まだ,原因は分かっていないようですが,
ブレーキが利かないという事故がいくつかあったようです.

学生時代のテストなら,
「先生,最後に計算ミスしただけですよ.80点ください」と言えますが,実社会の設計では,そういうわけにはいきません.

例えば,プログラムでも同じです.
1か所でも間違って,コンピュータが予想外の動きをしてしまうと,大変なことがおこることもあります.

技術者には,安全を守る責任というものもあるのですよね.





posted by narakousen at 19:41 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
単位が抜けていて5点にされたことを思い出しました・・・
でもその通りですよね!!
Posted by A山 at 2010年02月03日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。