2010年02月26日

出前授業(藤田)

昨日、今日と小学校に「出前授業」に行ってきました。

”磁石の達人”−君も磁石博士になろう―というテーマで、
小学校3年生に授業を行いました。

今回は、大和郡山市の北小学校3年生4クラス、治道小学校3年生1クラスに対して
授業を実施しました。
5年生の学生5名と電気工学科の先生が手伝ってくれました。

まず、磁石についての簡単なクイズで、学校で勉強した内容の復習をします。
答え合わせは、実演実験で行います。

また、強力磁石を体験しようというコーナでは、
強力なネオジウム磁石の体験を行います。
例えば、この写真のように、磁石を埋め込んだ2枚の板に、
子供が乗っても板が浮くことを体験してもらいます。
ネオジウム磁石の反発力で浮くのです。
jisyaku.jpg

この体験装置は、奈良高専の専攻科の学生が、以前紹介したPBLの授業で作ってくれました。


70kgの体重の先生が乗っても浮くことができました。

その後は、磁石の開発の歴史の話をします。
実は、世界で最高の磁力の磁石を日本人は、発明し続けてきたのです。

最後は、磁石が使われているモノを紹介します。
これも、クイズです。
発電機、モーター、ビデオテープ、スピーカー これらすべてに磁石(磁性体)が使われています。
原理の分かる実験も行いました。

これらの学習を通じて、
磁石についての知識の確認だけでなく、
磁石が、私たちの生活になくてはならないもの、
その磁石を日本人が開発してきたことを知ってもらいたいと思っています。

そして、おおきくなったら、磁石の発明やいろいろな発明をする人になってね。
というメッセージを送ります。

もちろん、おもしろい! って思ったら奈良高専で勉強しよう!というPRもします。


子供たちは、とっても喜んでくれます。
小学生はみんな 理科大好きですよね!

楽しい授業でした。



こちらもご覧ください。
posted by narakousen at 19:02 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。