2010年02月09日

オリンピックとネジ (藤田)

昨日,出先で読んだ新聞(産経新聞夕刊)記事から。


産経新聞で、”町工場から五輪へ”という特集が昨日から始まったようです。
昨日は、中小企業が開発した”絶対に緩まないナット”が、
ボブスレーという競技で使う”そり”に使われているという記事でした。


ボブスレーは、独特な形状と機構を持つそりに乗ってその速度を競う競技で、
最高速度は130〜140km/hもでるそうです。そのスピードから「氷上のF1」と呼ばれているようです。
このそりが高速で走行するので、ネジの部分が緩んでしまうという問題があったそうです。
日本代表の監督さんが、緩まないネジのうわさを聞いて、
新たに開発を依頼したとか。

このネジの会社は、東大阪にある中小企業で、
緩みを止めるナットを開発し、そのナットの専業メーカーとして、
鉄道のレール固定や宇宙ロケットの発射台に使われるネジを作ってきたそうです。

このネジをつかうことで、記録が1秒縮まったとか。
本番での活躍が期待されますね。


日本のモノづくりの技術がこういうところにも生かされていることを知りました。
この特集記事、毎日チェックしたくなりますね。

産経新聞の記事は、ネットでも配信されています。
”町工場から五輪へ”で検索してみください.




オリジナルトートバックの申し込みは、今月末締め切りです!

こちらもどうぞ!理系ゴコロのススメWEB 私って理系? 理系ゴコロのススメ-banner_big


 クリックしてください。 人気ブログランキングへ



posted by narakousen at 09:05 | Comment(0) | 日記

2010年02月06日

発光ダイオード(藤田)

最近,TVでのコマーシャルが増えている新商品にLED照明があります.
消費電力が小さいことと,寿命が長いことが特長で,
あと何年かすれば,家庭の照明は,LEDに置き換わるのではないでしょうか.(ELという素子も注目されていますが)

このLED(Light Emitting Diode)=発光ダイオードとは,半導体という材料で作った素子です.

皆さんの家庭にも,たくさんのLEDがあります.
テレビのスイッチを入れる前の赤い色の光,
スイッチをいれると緑色になるでしょう?
ここにLEDが使われています.

炊飯器は,炊飯が赤,タイマーが緑,保温が黄色とどこのメーカもだいたいおなじような色分けをしているみたいです.

実は,LEDは,1色の色しか出せません.
赤色のLEDからは,赤い光が出ているのです.
蛍光灯のように白い光が出ていて,外のプラスチックの部分が
赤だから,赤い光が出ているように見えると言うのとは違うのですね.
そんな風に思っている人が案外多いのではないでしょうか?


ただし,照明用のLEDは,単色しか出ないLEDを複数組み合わせたり,蛍光灯とおなじような蛍光物質をLEDの光を使って発光させたりして,白色を作っています.


ところで,このLED,先日,ブログに書いた
太陽電池と原理は,よく似てるんです.

太陽電池の場合は,光が半導体に入ると,
そのエネルギーで,電気の元になる電子とホールという粒が発生します.

LEDは,逆で,電源から流れてきた電子とホールが,
LEDの中で,くっつくことで,電子とホールが持っていたエネルギーが逆に,光として放出されるのです.

光と電気のエネルギーの変換を行っているんですね.






posted by narakousen at 15:36 | Comment(0) | 日記

2010年02月04日

オリジナルトートバック (藤田)

bag.jpg


12月にオリジナルトートバックの抽選を行いました.
25名の方に送りました.

2月末に2回目の締め切りがあります!
WEBを見てアンケートに答えるだけで,申し込めます.

皆さんどうぞよろしく! アンケートは,こちらです.
posted by narakousen at 10:00 | Comment(0) | 日記

2010年02月03日

部分点(藤田)

テストの採点をするときに困るのが,
部分点です.

例えば,考え方は合ってても,
計算ミスで答えがあっていない場合,
何点にしようかと思います.

10点満点だと,だいたい8点ぐらいかな??

以前,部分点を一切なしにして,採点したことがありました.
学生から,不平の声が...


さて,なぜ,部分点のことを書いたかというと,
技術者には,部分点が無いということを改めて思ったからです.

皆さんが,何かの製品を作ったときに,
最後の最後に,小数点の位置を1つ間違えたとしましょう.

その結果,どんなことが起こりますか?

そうです.
欠陥商品ができてしまいますよね.

小数点の位置を1つ間違えると,
例えば,電流だと10倍の電流値が流れることになるかもしれません.そんなことをすると,最悪の場合,発火します.

今日のニュースで,自動車の欠陥の報道がありました.
まだ,原因は分かっていないようですが,
ブレーキが利かないという事故がいくつかあったようです.

学生時代のテストなら,
「先生,最後に計算ミスしただけですよ.80点ください」と言えますが,実社会の設計では,そういうわけにはいきません.

例えば,プログラムでも同じです.
1か所でも間違って,コンピュータが予想外の動きをしてしまうと,大変なことがおこることもあります.

技術者には,安全を守る責任というものもあるのですよね.





posted by narakousen at 19:41 | Comment(1) | 日記

2010年02月02日

どこを直したら良いかが分かると (藤田)

昨日,ようやく,卒論の添削を終えたと書きました.

大阪府立高専で12年,奈良高専で6年.合計18年.
担当した卒業研究の学生は,80人ぐらいになりますね.

さて,教員になりたてのころ,感じたことがあります.

学生の卒業論文を添削しながら,
「ああ,ここは,このように書いたほうが良いのに.
 こういう図の書き方は駄目だな.
 全体の構成はこうしなければ」
などと思うわけです.

その時に,ふと気がつきました.
「ああ,僕も成長したなあ.
 以前は,自分が添削してもらっていたのに,
 学生の添削ができるようになるなんて」

私自身も高専の出身ですから
25,6年前に,卒業研究で相当苦労しました.
(担当の先生が,張り切って”英語で書くぞ”とおっしゃったので,
訳も分からず,英語で卒論を書くことに....)
その後も,大学での論文執筆などで,
先生にずいぶん添削してもらっていました.


それが,いつのころか,自分でも添削できるようになりました.
さらに,
「論文」と「レポート」はどこが違うのかなど
自分の中でちゃんと説明がつくようになってきました.

どこを直したら良いかということが分かるというのは,
自分が,そのことができるようになったということなんですね.

論文の執筆に限らず,
何かが身について,自分のものになったと,実感できるのは,
このように,

重要なポイントをちゃんと押えることができるようになったなと

感じる時ではないでしょうか.
posted by narakousen at 09:02 | Comment(0) | 日記

2010年02月01日

ようやく・・・終わった (藤田)

金曜日から,ぶっ続けで卒業研究の添削をしていました.

日曜日も朝の7時から夜の11時頃までかかってしまい,

さすがに,肩こりや眼精疲労で目が痛いです.




本日締め切りで,ようやく,プリントアウトも終わり,

後は,最終チェックをして提出です.




学生諸君もがんばりました.







ところで,この添削方法.

以前は,プリントアウトしていたものに,

手書きで書きこんでいたのですが,




私は,大変”悪筆”なので,学生が「読めません」と言ってくることが多くて,

ついに,最近は,WORDの校正機能を使っています.




私が書きこんだ訂正などが赤字で表示されたりしますので,

学生は,その添削結果を見ながら,自分の論文を直していけるのです.




卒業論文のWORDファイルは,研究室の共通ハードディスクに入っており,

学外からでもアクセスできるようにしてあります.

(パスワードをかけて)




こういう風にすることで,学生も,私も自宅で,

添削・修正作業ができるのですね.

携帯で話しながら,修正個所を細かく指示することもできます.




今年は,やりませんでしたが,場合によっては,

相手のコンピュータを自宅から操作することもできるようです.




効率的な方法ですが,

人と人との触れ合いがが無くなる分,教育効果は下がるかもしれませんね.




添削している隣に学生がいたら,

「こらぁ〜.こんな文章書いたらだめやんか!」と直接言えるのですが,

家で添削をやってると,

一人でブツブツいうしかありません.




それと,WORDの添削モードの問題は,

学生自身が打ち直さなくても,”添削を反映”というボタン一つで,

私の文章が反映されてしまうこと.

これでは,簡単すぎて勉強になりませんね.




教育に関して,効率を追い求めすぎるのは,

良くないなぁ〜と思いながらも,

今年も,卒業論文の添削を終えました.

posted by narakousen at 11:15 | Comment(2) | 日記

2010年01月30日

マンガで見る女性技術者の一日 第3回 アップしました!(藤田)

お待たせしました.

マンガで見る女性技術者の一日をアップしました.
今回もインタビュー編なので,
マンガはありません.

挿絵だけですみません.

家事などとの両立編です.


こちらをごらんください.
posted by narakousen at 23:08 | Comment(0) | 日記

2010年01月29日

ご紹介 女子エンジニアの方のブログ (藤田)

今日は,私がときどき読ませていただいているブログのご紹介を...


アメブロで,「☆理系女子 増殖計画☆」を開設されているazusaさんのブログです.
ブログは,こちらです.

会社で,研究開発をされている女性で,ときどき,海外出張などもされていて,
女性技術者の日常が垣間見れるブログです.


azusaのご趣味は,絵を描くこと.
ブログでも,このようなステキなイラストを描いてくださっています.

きっと左脳で研究をして,右脳で絵を描かれているんでしょうね.
絵が好きな方も,技術者を夢見る方も,参考になるブログだと思いますよ.


o0800113210379388378.jpg
(azusaさんから許可をいただいて,絵を掲載しています.)

中学生・高校生の皆様
これから,ときどき,私が読ませていただいている女性研究者や技術者のブログなどをご紹介します.
とっても素敵なブログばかりです.
しかし,内容については,すべてを確認しているわけではありません.
ブログに限らずインターネットの閲覧には,保護者の方の確認をいただいてからしてくださいね.
なお,このお勧めは,藤田個人としての紹介で,
奈良高専が公式にお勧めしているものでもありません.
posted by narakousen at 00:54 | Comment(0) | 日記

2010年01月28日

卒論の添削 (藤田)

先日,ブログに書いたように,卒業研究の添削などで,
忙しくなってきました.

ちなみに,わたしは,かなり細かな添削をします.
だから,学生も大変だと思います.


学生の卒論を読んでいると,1年間のその学生のがんばり度が,分かります.

先生にやらされている感じの卒論は,やっぱり何だか,力がありません.

自分から,興味を持って,がんばった学生の卒論は,
文章が拙くても,やっぱり,「彼(彼女)は,1年間がんばってたなぁ〜」って思わされる場合が多いです.

そういう卒論に出会うと,添削するのも楽しいですね.


でも,PCの前に座りっぱなしなので,腰と目が痛いです.
後,もうしばらく,この忙しい日が続きます.

posted by narakousen at 09:54 | Comment(0) | 日記

2010年01月26日

追い込み(藤田)

卒業研究論文の締め切り(来週月曜日)が近付いてきました.

学生も毎日,遅くまで最後の追い込みです..


添削する私も,結構大変です.

ですから,ブログは,今日は,このくらいにさせていただきます.



理系の卒論は,実験とかあって,大変ですよ....でも,探求する面白さがあります (~_~メ)
posted by narakousen at 21:58 | Comment(0) | 日記

2010年01月25日

産学共同教育 (藤田)



今日は,東京に出張でした.

私の属する国立高専では,オムロン株式会社様から,ご寄附をいただいて,制御機器に関する教育を進めています.

寄附いただいたのは,

@電子制御技術の学習用教材(40万円相当)275セット

A寄附金1億1500万円、

B教育・研究指導にあたる高専教員に対し、
 東京をはじめとする全国5会場でのセミナーの実施

です.

この学習教材は,全国の高専に5台ずつ配布されて,学生の教育にとっても有効に使われています.


私は,このオムロン様のプロジェクトに関係しているため,今日,東京で,オムロンの方との打ち合わせがあったのです.


打ち合わせで感じたのは,オムロンの方々が,とっても熱心に高専の教育のことを考えてくださっていることです.

社員の方が,手分けをされて,全国の高専を回って,教材の使い方のアドバイスをしてくださったり,高専の現場の要望を拾い上げて,サポートしようとされています.

企業として,社会に貢献するんだという熱意が打ち合わせの中でも伝わってきました.


最近,産学共同教育(COOP教育)という言葉をあちらこちらで聞きます.
企業と学校が一緒になって,学生の教育に当たるという新しい教育の方法です.

単に,企業でのインターンシップをするというだけでなく,カリキュラムの中で企業と学校が一緒になって学生を育てるというものです.
実社会で活躍できる技術者を養成するには,このような教育の方法が有効であると言われています.


今回,オムロン様から,いろいろサポートをいただいて,高専での制御教育に新しい展開が生まれようとしていますが,COOP教育として,しっかりと根を下ろした活動にしていきたいですね
ということになりました.


これから,工学系の学校に進学する人は,産学協同教育という新しい方法での教育を受けらるかもしれませんね.

posted by narakousen at 18:12 | Comment(0) | 日記

2010年01月24日

発電クイズの答え(藤田)



朝のクイズの答えを書きますね.

1.火力発電
2.風力発電
3.水力発電
4.太陽光発電
5.原子力発電


発電の原理からみると,1つだけ,他のものと違ったものがあります.

さて,どれでしょうか・・・・・・が問題.



答えは...

太陽光発電です.


原子力,風力,火力,水力は,すべて,発電機を回転させて電気を作っています.

発電機の基本構造は,モーターと同じです.

コイルと磁石があって,電流が流れると,フレミングの法則で,力が発生し,
モータが回転します.

その逆で,コイルが磁石の中で動くと,電圧が発生します.

コイルを磁石の中で動かす(回転させる)必要があるのですが,
その回転させるのに,
原子力や火力ではお湯を沸かして,その蒸気の力で発電機を回すのです.
風力では,風車の回転,水力では,水車の回転で発電機を回しています.

ですから,このタイプは,同じ発電原理なのです.



太陽光発電は,
光が,半導体という材料に入ったときに,
光の持っているエネルギーで
プラスの電気のもとと,マイナスの電気のもとができるのです.


だから,他の方法と違うんですよね.


posted by narakousen at 16:00 | Comment(0) | 日記

発電クイズ(藤田)

クイズです.

1.火力発電
2.風力発電
3.水力発電
4.太陽光発電
5.原子力発電


発電の原理からみると,1つだけ,他のものと違ったものがあります.

さて,どれでしょうか・・・・・・



答えは,夕方に. ~_~メ)
posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2010年01月23日

ソーラーカーレース(藤田)

NHKの番組で,大陸横断ソーラーカーレースの様子をやっていました.

東海大学が日本のチームとして13年ぶりに優勝したそうです.


太陽電池を宇宙衛星で使うとっても高価なものに変更して,
たくさんの太陽電池を積んだソーラーカーが誕生しました.

発電できるワット数は,1800Wだそうです.

ドライバーは,ラリーのベテランドライバー.
砂嵐ん中でどのように走行するかの作戦など
面白かったです.



こういうレースで研究開発された技術が,
民生用(普段に使う)のソーラーカーに応用できたらいいですね.

posted by narakousen at 21:02 | Comment(0) | 日記

遅くなってしまった (藤田)

今日は,理系ゴコロのススメ”の外部評価委員会”というのがあります.

その準備をしていたら,こんな時間になってしまいました.

外部評価委員会とは,”理系ゴコロのススメのススメの活動に対して,
いろいろな立場の方から,コメントをいただいて,
よりよい活動にしていくための会です.

小学校の校長先生,教育委員会の方,塾の先生,女子学生の保護者の方などが
委員として来られます.

1年間,私たちがやってきた活動をご紹介し,
それについての評価をしていただくのです.



さて,どんな評価をいただけるのでしょうか.

posted by narakousen at 01:36 | Comment(0) | 日記

2010年01月22日

マンガで見る第2話更新(藤田)

しばらくWEBのコンテンツの更新が
止まっていましたが,ようやく,
「マンガで見る技術者の一日,第2話」が公開になります.

でも.....

すみません.

マンガの担当が忙しくて,
今回は,イラスト1つになりました.
学生スタッフリーダのHALさんが描いてくれました.

なかなか,素敵なイラストです.

インタビュー編は,イラストになります.
ごめんなさい.

posted by narakousen at 17:02 | Comment(0) | 日記

2010年01月21日

エンジニアと英語 (*^_^*) (藤田)

私は,日本高専学会という学会の編集委員をしています.
日本高専学会という学会は,高専の教育と研究について考えようという学会なのですが,その学会誌の編集をしています.

学会誌に特集を組むのですが,

7月号は,「高専における国際化教育と英語教育」,

10月号は,「高専における女性技術者の育成」

という特集を提案しました.


10月号のテーマは,理系ゴコロのススメの活動をしている私らしいでしょ!?
高専を卒業した女子学生の動向調査などをされおられる先生などの記事に加えて,私たちの活動の紹介するつもりです.


さて,今日は,7月号の特集について.

先日,本校の推薦入試があったですが,
本校では,推薦でも,適正試験という名の筆記試験をします.
科目は,「数学」「理科」と「英語」です.
理数系の学校なので,「数学」と「理科」が試験科目にあることは,わかりますよね.

それに加えて,「英語」もあるのです.

なぜなら,エンジニアは,日本国内だけを仕事の場としていては,ダメな時代がずっと前から来てるからです.
企業は,海外の工場で生産をしたり,最近では,海外に研究開発部門を作ったりしています.
ですから,そこで働く外国の人たちとの意思の疎通を図るには,どうしても英語が必要なのです.
英語で書かれた,機器の説明書を読むことなども必要ですし.

研究発表などを行う研究者なら,英語で論文を書いたり,口頭発表をする必要があります.

ですから,エンジニアや研究者にとって「英語」はとっても大切な能力になっているのです.
高専の入学生の中には,
英語が苦手だから,高専を選んだという人も時々いますが,
これからの時代,英語を使えるようにならないと困ることが多くなるでしょう.

いくつかの電機メーカでは,英語の成績が悪いと,係長になれないという基準を設けています.

英語の勉強は,しなければならないものです.
避けて通れないことなら,
早くから取り組んだ方が身に着くはずです.
特に,語学は,時間をかければかけるほど,成果が上がるものですよね.

将来のエンジニア,研究者を目指すみなさん.
がんばって英語の勉強をしましょうね.



・・・・ちなみに,私は,英語が苦手です.



posted by narakousen at 15:29 | Comment(0) | 日記

2010年01月20日

スマートグリッド構想(藤田)

アメリカが,スマートグリッド構想という計画に
3000億円の技術開発費を支出することにしたというニュースが年末にありました.

太陽光発電や,風力発電などの自然エネルギーを利用した発電が環境を守る上でとっても大切です.
しかし,この自然エネルギーの発電は,天候などに左右されるために,不安定なエネルギーになります.
これをそのまま,送電網に送ると,送電網が安定しません.

スマートグリッドというのは,スマートメータという電力メーターを各家庭に設置し,
インターネットを使って,家庭の電力使用状況や,各家庭に付けられたソーラーパネルの発電状況などを把握できるようにし,その情報を元に電力を管理するものです.

余った電力は,各家庭で,電気自動車のバッテリーに蓄えれば,地域全体の電力の流れを
発電+バッテリーを使ってコントロールできるようになるというものです.

Google,IBMなども,このスマートグリッドビジネスに参入を始めています.
電気とインターネットの融合を目指しているそうです.

このような,技術がアメリカ主導で進むと,
世界の技術標準が,アメリカの決めた基準で動くことになります.

そうすると,日本の技術が主導権をとることが難しくなるそうです.
今後,この分野への日本の参加が大切だと思いました.


ところで,私の所属する電気工学科は,
来年度から,「エレクトロニクスで環境問題を解決する」というのを
キャッチフレーズにして,環境系の科目を増やして,
環境問題を解決できるエレクトロニクスの技術者を養成しようとしています.

私も,1年生の環境リテラシという新しい科目を担当することになります.
環境と電気の関係をこれからも勉強していかないとと思っています.





こちらもどうぞ!理系ゴコロのススメWEB


 クリックしてください。 人気ブログランキングへ


posted by narakousen at 20:14 | Comment(0) | 日記

2010年01月19日

新しいコンテンツの準備 (藤田)



今年度の「理系ゴコロのススメ」の活動も間もなく終わりです.
今,最後の仕上げとしてWEBに新しコンテンツの用意をしています.

名付けて,

女子中高生の理系進路選択のためのイベントカレンダー


です.

私たちが,今年度企画したのと同様の女子中高生向けの行事が,
他の学校などでも行われています.
それらの行事をなどを紹介するカレンダーをWEB上に作ろうと思いました.
詳細は,出来上がってからご説明しますね.


しかし,残念ながら,私には,それほどのコンピュータスキルはありません.

それで,思いだしたのが.....


そう,以前,理系ゴコロのススメについて紹介した講演会で
ご一緒だったフリーのソフトエンジニアのNさん(→この方です)

女子中高生のための理系ゴコロのススメですから,
彼女たちの先輩にあたる女性エンジニアにお願いするのも良いのではないかと思いました.


でも,残り予算があんまりなくて....

「正直に,○○円でお願いします.」とお願いしましたら.
引き受けてくださいました.

「え!そんな安い値段で」と同僚のコンピュータに詳しい先生は驚いていました.


Nさん,どうもありがとうございます.
よろしくお願いしますね.




posted by narakousen at 22:39 | Comment(0) | 日記

2010年01月18日

電子顕微鏡(藤田)

電子顕微鏡の記事を書きましたが,
うまく画像がアップできないので,
ミラーサイトの方をご覧ください.

http://ameblo.jp/rikeigokoro/entry-10437069373.html
posted by narakousen at 13:59 | Comment(0) | 日記