2009年11月10日

環境問題の解決は (藤田)

私は、奈良高専の電気工学科の所属ですが、学科の教育研究方針として、
今年から、
「エレクトロニクスで地球にやさしい未来を創る」を掲げて教育研究に当たっています。

その一環として、
来年度の1年生からカリキュラム(勉強する科目の内容)を大幅に変更し、
環境系の科目を4科目新設しました。

1年生で、幅広く環境問題を学ぶ「環境リテラシ」、
3年生で、環境問題を科学の目で考える「環境工学概論」、
5年生で、環境とエネルギーの問題を考える「環境エネルギー」
同じく、5年生で環境問題を電気・電子工学全体から考える「環境エレクトロニクス」という4科目です。

電気・電子工学は、この100年程の間に、とっても便利な世の中を作り上げてきました。
でも、これからは、便利さとともに、環境に優しい技術であることが大切です。

私も、学生のころ「公害問題を根本的に解決できるのは技術者だけだ」という言葉を聞いて、
技術者・研究者の仕事の使命の重要さを感じたものです。

同じように、環境問題の根本的な解決は、技術者・研究者の使命です。
責任があるとともに、やりがいのある仕事だと思います。
alice_banner_01.jpg
posted by narakousen at 11:25 | Comment(0) | 日記

2009年11月09日

「ワークライフバランス」(松村)

土曜日に理系ゴコロのススメの講演会とティータイムがありました。
技術者の方と研究者の方、そして理系の女子学生の方の講演でとても楽しくためになるお話をお聞きしました。
その中でも話題になっていた「ワークライフバランス」。

実は私がこの言葉を知ったのは、ごく最近のことです。

文字通り「仕事と生活のバランス」なのですが、日常で子供を抱え仕事をしていると非常に大切な言葉だと思います。

もちろん、理系に限らず、また結婚や子育てに限った言葉ではないのですが、子供を持っていっそう考えるようになった言葉です。

仕事も子供を含めた生活も大切で、それをいかにうまくバランスを取っていくか・・・日々試行錯誤です。

今回講演会に参加された方々にとっての「ワークライフバランス」とはどのような言葉なのでしょうか。
posted by narakousen at 11:49 | Comment(0) | 日記

2009年11月07日

びっくり (藤田)

休日出勤が続いているので、
ちょっとダウン気味です。

明日も、「科学の祭典」で出勤です。

ですから、今日は、早く休もうと思ったので、
講演会の報告記事の詳細を書きませんでした。
(そちらは、明日以降にします)


ところが、日課のWEBサイトのチェック
http://rikeigokoro.jp/
をしましたら、

なんと、103アクセスです。本日。

それに、なぜか、17時に45件も、アクセスがありました。
科学の祭典で配ったチラシの効果なのでしょうか?

今日、WEBを訪問してくださった方、教えてくさい。(~_~メ)



twitter.com からのアクセスも初めてありました。
twitterって使ったことがないんですが、
なぜ、そこから来られたか不思議です。


では、また、明日。
posted by narakousen at 21:52 | Comment(0) | 日記

講演会(藤田)

今日は、待ちに待った、講演会でした!

とっても良いお話が聞けたと思います。


講師の皆さんありがとうございました。





詳しいことは、また、明日以降報告しますね。
posted by narakousen at 21:50 | Comment(0) | 日記

科学の祭典 (藤田)

さて、今日は、私たち講演会ですが、
講演会の会場である奈良高専では、今日、明日と「青少年のための科学の祭典奈良大会」が開催されます。
このイベントには、奈良県内の学校や企業から53の体験ブースが出展されます。
主に、理科、算数・数学、情報、技術等の分野で演示・実験、科学工作などのコーナーがあります。
ぜひ、皆さんも出かけてみてください。
とっても楽しいイベントですよ。

ちなみに、
私たちのプロジェクトもパネルの展示で科学の祭典に参加しています。
見に来てね!







理系ゴコロのススメWEBサイト
見てくださいね。
「だからお勧め女子も理系へ」を更新しました。
posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2009年11月06日

明日はいよいよ (藤田)

講演会&ティータイム
「女性エンジニア・研究者の素敵な生き方」です。

3人の講師から資料が届きました。
ざっと見ただけですけど、
とってもおもしろそうなお話です。

特に、理系に進もうか迷っている人、
研究者ってどんな生き方をしているかりしたい人
将来、家庭と仕事を両立するにはどうしたらいいのって思っている方などに
お勧めですよ。

当日受付もできますので、
明日は、ぜひ、奈良高専へお越しください。13:00開始です。

詳細は、こちら
posted by narakousen at 22:40 | Comment(0) | 日記

企業との共同研究 (藤田)

昨日は、卒業研究の日でした。
奈良高専は、木曜日は、全専門学科卒業研究の日です。
5年生は、この日は、朝から昼過ぎまで卒業研究という時間割です。

さて、昨日は、学生と共同研究先の企業に行ってきました。
私は、電気・電子材料の研究をしていますが、
ちょっと変わった作り方で材料を作っています。

そのため、自分の力だけでは研究に取り組めないので、
いろいろな人の助けを借りています。
専門のことは、専門家に聞くのが一番だからです。

私に限らず、最近は、科学技術が複雑化、高度化しており、
複数の専門家が集まって研究や開発をすることが多くなってきているんですね。


昨日は、学生と初めて、某企業の研究所におじゃまして、
実験をさせてもらいました。
我々の学校には、無い装置だし、
その企業のノウハウのある測定方法だったので、
とっても役に立ちました。


学生にとっては、自分の研究が実際の社会で、
どのように役立つかを
企業の技術者の方から直接聞く、貴重な経験となったようです。


技術者の仕事が、人の役に立つモノを作り出す仕事であることを
学生に肌で感じさせることができる
企業との共同研究には、そういう効果もあります。


WEBページもご覧くださいね。
「だからお勧め女子も理系へ」(更新しました)
http://rikeigokoro.jp/
alice_banner_01.jpg

2009年11月05日

だから お勧め女子も理系! その2(藤田)

WEBページの更新を行いました。






だから お勧め女子も理系! その2
 




ぜひ、見てください!

posted by narakousen at 13:00 | Comment(0) | 日記

2009年11月04日

国語教員のつぶやき(鍵本)

初登場の鍵本です。

高専で国語を担当しています。


サブスタッフとはいえ、国語の先生がなぜ「理系ゴコロのススメ」プロジェクトに入っているのか、疑問に思われた方もいるかもしれません。




というより、そもそも「国語と理系って全然関係ないよね〜」と思っている方が多いと思います。








そこでとある思い出話。

数年前に、高専の某クラスで授業をしていたときのこと。




「文学作品って、読者が自由に読んでいいところもあるけれど、


表現などから、実はここはこういう気持ちが込められている、


作者はこういうことが言いたい、という箇所があって、


それをしっかり読み取ってもらう、


気付いてもらうというのが国語の授業」という旨の話をすると、


ある学生が「設計工学と一緒やな〜」。

聞いてみると、どう設計してもいいけど、


とにかく壊れないことが大事、らしい……。




たしかに、自由にやってよい部分と、安全性などから絶対に押さえておかなければな

らない部分があって、それはどの分野でも共通することだと思う。






ちなみに、私の専門分野は「国語学(日本語学)」で、


言葉のいろいろな用例を集めて、その法則を見つけるという、


手法としては極めて理系の学問です……









WEBも見てくださいね!

サイエンスへの招待:
「マンガで見る技術者の1日 第1話」
「だからお勧め女子も理系へ」更新中

alice_banner_01.jpg
posted by narakousen at 17:10 | Comment(0) | 日記

2009年11月03日

理系の女子を増やしたい という情熱 (藤田)

藤田@東京帰りです。

新幹線に乗ってます。
今日は、雲があるものの富士山が良く見えました。
横浜を出てからすぐに、富士山を見たのは初めてです。
こっち側からも見えるんだなんて、妙に感心しました。
でも、新富士では、雲が前面にかかっていてダメでした。


さて、昨日、科学技術振興機構(JST)の
「女子中高生の理系進路選択支援事業」 実施期間連絡協議会(長い!)
がありました。

こちらの13機関の方の実施報告とディスカッション(意見交換、討論)がありました。

とっても参考になるお話を伺うことができました。

いくつか感想と参考になったことを書いていみます。


(1)
それぞれの実施機関がいろいろ工夫して、
苦労しながらも頑張っておられる。

私たちも頑張らなきゃ!

(2)
女子中高生には、具体的なモデルとなる
理系の進路を卒業して実社会で活躍している女性研究者や女性技術者、女性経営者、
現役の理系女子学生の姿を紹介することが
理系の進路に興味を持つ効果的な取り組みである。

今週、私たちも講演会を開催します!


(3)
地域の企業や中学高校としっかりと連携することで、
効果的な取り組みができている。

(4)
保護者や中学高校の先生方向けの別プログラムも用意するなどして、
進路選択に影響のある人たちにも、理系の良さをPRしているところもある。


(5)
私たちのように、ポスターやWEBを使って、
積極的な広報活動をしている取り組みは少ない。
これが、私たちの特徴なので、
これらのノウハウが他の学校にも活用できるようにしていきたい。


(6)
今回、事業の内容を説明された 女性の方たちは、みなさん素敵でした!
やっぱり、熱い情熱を持ってやっておられるな〜。
と思いました。
ご自身たちが 理系女性の先輩ですから。

この会と、日曜日のサイエンスアゴラの会で
お知り合いになった先生方に、
私たちのWEBへのリンクをお願いしました。
もっとたくさんの方たちにWEBを見ていただければと思います。





WEBも見てくださいね!

サイエンスへの招待:
「マンガで見る技術者の1日 第1話」
「だからお勧め女子も理系へ」更新中

alice_banner_01.jpg
posted by narakousen at 13:03 | Comment(0) | 日記

2009年11月02日

アクセス件数 お礼とこれからもよろしくお願いします(藤田)

理系ゴコロのススメのサイトをリニューアルして開設したのが9月1日です。

9月1日から10月31日までのサイトのアクセス状況は、以下のような感じです。

(小さくてすみません)

おかげさまで、2122件のアクセスをいただきました。
訪問くださった皆さん ありがとうございます。

ところで、このグラフの矢印の入ってる10月16日から、毎日、ブログを更新するようになったんです。
そして、似たようブログを書いておられる方のところを訪問したりして、交流を持たせていただいています。
その結果、10月16日からは、ほぼ50アクセス以上を達成できています。(残念ながら、10月30日と31日が達成できませんでした)



私たちのプロジェクトは、日本科学技術振興機構(JST)というところからの援助を受けています。
つまり、税金が使われているんです。(~_~メ)
国の方針として、理系に進む女性を増やしていかなければ、いけないということなんですね。

それで、目標を立てています。
1年間のWEBページのアクセス1万件。
9月以前のアクセス件数の集計がまだですので、
現状が把握できていいないのですが、
今のペースを維持できれば、達成できると思っています。

WEBは、まだまだ、コンテンツをそろえていかなければいけないのですが、
理系に興味を持つ女子中高生やその関係の方を増やすために、
これからもがんばっていきます。

よろしければ、皆さんもお知り合いに 
理系ゴコロのススメのサイトをお勧めいただければと思います。

また、リンクなど、ご協力いただければ幸いです。
(ブログのお気に入り登録でも結構です)


これからもよろしくお願いいたします。

posted by narakousen at 13:00 | Comment(0) | 日記

2009年11月01日

行ってきました サイエンス・カフェ (藤田)

サイエンスアゴラの催しの1つとして、サイエンスカフェが開催されていました。

理系女性のきらめく未来 というテーマで、
10時30分から 「語り合おう!女性研究者支援の明日」
14時から「進路選択と活躍する姿」という2つのサイエンス・カフェが開催されました。
私は、2時からの部に出席しました。

講師などは、こちらをごらんください。

まず、すでに社会人として活躍されている方から、現在の仕事の内容やそのキャリアに至る過程についてお話がありました。
さらに、在学中のお二人からは、進路を決められたいきさつや今後の希望などのお話がありました。

私の感想です。

1.
男性にとっても、結婚と子供が生まれるということは、大きなことなんですが、その機会に、それらの出来事と仕事との関係を見直すということはほとんどありません。
しかし、女性は、そうではなく、そういった機会に自分の生き方を考えざる得ないですね。
そして何らかの選択をしなければならない。
しかし、そのことが、逆に、自分の人生を見直す機会になっているのではないかと思いました。
最近、ワーク・ライフバランスという言葉をよく聞きますが、働く女性はそういうことを考えざる得ないんですよね。そして、今回の講師の方は、良い選択をされて、苦労されながらも女性として「きらめく」生き方をされているんだなと思いました。

2.
しかし、男性に理解してほしいということに、”出産や子育ての大変さ”が挙げられました。これからは、男性も子供の誕生や子育ての中で、パートナーが抱える問題を自分の問題として考えていかないといけないのでしょうね。男性もワーク・ライフバランスがワーク一辺倒だとダメだということでしょう。(個人的には、妻に感謝しないと)


3.
女子学生のお二人は、しっかりと自分のことを、自分の言葉で語ることができる方たちで、まずは、それに驚きました。そして、お二人とも子供たちに理科の楽しさんを伝えていきたいということや、理科を好きになったきっかけに先生との出会いがあることなど、教員の私にはチャレンジな言葉でした。

4.
数学が苦手で、「そんな成績で理系に行くの?」って言われたけど、理系を選んだという女子学生の方の話が印象的でした。「苦手なことのため、やりたいことをあきらめたくなかった」という言葉は、とっても素敵でした。


まだまだ、書きたいことがありますが、今日はこのあたりで。


明日は、女子中高生の理系進路選択支援事業の連絡会です。





posted by narakousen at 23:18 | Comment(0) | 日記

サイエンスアゴラ(藤田)

今、東京に向かう新幹線の中です。

新幹線の無線LANサービスで、インターネットにも簡単にアクセスできますね。
私は、最近、このサービスが使えるN700系にしか乗りません。


さて、昨日、書いたサイエンスアゴラに行くので、
その下調べをネットでしています。

ネットから、転載させていただきますと、


サイエンスアゴラは、“科学と社会をつなぐ”広場(アゴラ)となることを標榜し、2006年から始まりました。サイエンスに対して知りたいこと、考えていること、言いたいこと、訴えたいことがある一般市民から科学者・研究者まで、全ての方々に開かれた広場です。

各地で活動するNPOや企業、公的機関、大学研究室などの団体や、ボランティア活動や研究を行う個人が、シンポジウム・ワークショップ・ショー・展示など多くの企画を出展します。あらゆる企画を通じて、サイエンスと、サイエンスが社会にもたらす影響やサイエンスにまつわる様々な問題について、共に考え、楽しむ双方向のコミュニケーションを行うイベントです。

アゴラ:もともとギリシャ語で、人々が自由に集い議論する「広場」を意味しています。



だそうです。

かなりの規模のイベントですね。

もしかしたら、このブログを見てくださる皆さんも
何か関係されているのではと思いました。


行くのが楽しみです。
posted by narakousen at 10:53 | Comment(0) | 日記

2009年10月31日

明日は(藤田)

東京に出張です。

サイエンスアゴラという催しに行きます。

その中の企画で、

理系女性のきらめく未来!〜語り合おう!女性研究者支援の明日〜

理系女性のきらめく未来!〜進路選択と活躍する姿〜

この2つに行こうかと思っています。

ただ、最近休日出勤が、続いているので、
朝の会は、無理かもしれません。

どいう話が聞けたかは、また、ブログで報告します。

このサイエンスアゴラって会は、実験教室があったり、
とっても見どころ満載のようですね。
お近くの方のぞかれてはどうでしょうか?


それと、月曜日は、

私たちのプロジェクトを支援してくださっている
科学技術振興機構が主催の 

女子中高生理系進路選択支援事業の担当者の連絡会です。
他の学校の取り組みが聞けて楽しみです。
5分のプレゼンがあります!
このブログや WEBも紹介します。
posted by narakousen at 23:56 | Comment(0) | 日記

マンガで見る女性技術者の一日 アップしました!(藤田)

私たちのプロジェクトでは、WEBを作っていますが、その目玉コンテンツの1つが

マンガで見る女性技術者の一日です。

8月に、女子学生スタッフが、女性技術者の方を訪問し、その一日を取材しました。

ようやく、その第1話が完成しました。

描いてくれたのは女性スタッフのトーマさんです。

今回のマンガは、まだ、第1話で具体的な話ではないのですが、
私たちのプロジェクトの日常風景が分かってもらえるかもしれません。


こちらで公開しています。


感想をコメントしていただければ幸いです。


posted by narakousen at 07:58 | Comment(4) | 日記

2009年10月30日

自動車業界が変わってきた (藤田)

昨日のNHKの番組「クローズアップ現代」で自動車業界がが変わってきたと言ってましたね。

自動車の部品がメカ的なものから、電子的なものへ変わってきているらしいです。
これは、ハイブリッド車や電気自動車だけではなく、
普通のガソリン車についても、電子部品に置き換わってきているとのこと。
最近、4年ぐらいが特にとおっしゃってました。

それで、大変になっているのが、機械の部品を作ってきた会社です。
新しい成長分野へ転換できるかどうかがカギなのだとか。

また、電気自動車は、構造が簡単なので、今までの自動車メーカーでなくても、
参入できるようになるだろうとのことでした。

大手のメーカー、関連会社、その下請けというピラミッド型の業界構造から、
クモの巣状に企業同士が結び付くWEB型の業界構造にしていくことが必要だそうです。

そうすると、
これからの技術者は、
自分の専門がしっかり身に付いているだけでなく、
幅広い知識も要求される
のだなと思いました。


また、自動車産業にかかわる人が、就業者の8%らしいので、
自動車産業の変革は、大きな影響を与えるだろうとのことでした。

皆さんが社会にでるころには、ずいぶん日本の技術の世界も変わっているかもしれませんね。

いずれにせよ。
日本が成長を続けるには、
新しいことに挑戦できるエンジニアが必要なのです。





こちらも見てくださいね!






posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2009年10月29日

これからのキーワードは 女性(藤田)

先日、ある研究会の企画委員会がありました。

この研究会は、ある業界の技術者の方や経営者の方、公設研究所(府立、県立、市立など)、大学の先生などが会員です。
特に、今回は、業界の人たちを対象にした講演会の企画でした。
この業界の企業規模は、大企業というより、80%以上が、社員10名程度の小さな会社です。

私は、少々、会議に遅れてしまったのですが、
丁度、企画について自由な意見を言ってる時でした。

私の番がきたので、
「いつもの技術的な講演ではなく、人材育成に力を入れている企業の方に講演をしてもらってはどうですか?例えば、女性を登用している会社を紹介するとか」
と思い付きで発言しました。

その発言に、同席してくださっていた、業界の代表の方たちが賛同してくださいました。

「そうですね。これからは、女性をどう活用していくかが、大切ですから、みんな聞きたい講演ではないでしょうかね。女性の方が、粘り強く仕事をしてくれる傾向もありますからね。」

という発言がありました。

大企業だけではなく、小さな会社でも、女性の活用が、企業発展の一つのキーワードだと考えていることを知ることができました。

私の提案企画は、採用されました。
(その後の講師の人選で難航しているようですが)


posted by narakousen at 07:45 | Comment(0) | 日記

2009年10月28日

だからお勧め 女子も理系へ! (その1)

私たちのプロジェクトの目的は、
女子中高生に理系の進路の素晴らしさを伝えることです。

ということで、

「だからお勧め 女子も理系へ!」

というコンテンツをWEBに用意しました!


なぜ、女性に理系の進路がお勧めなのか・・・


私たちなりに、考えたり、調べたりして記事にしました。


その1 

女性が技術開発の現場に進出することが、今必要なのです!


を掲載しました。


こちらをご覧ください
posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2009年10月27日

たまには日常の話を…(HAL)

お久しぶりです.HALです.
最近ブログをサボりがちですが,今は裏でいろいろと作業を進めております.
その中でも先生からの予告があったように,マンガをもうすぐ公開予定です!
(マンガを描いてるのは私じゃないんですが…)
出来上がったら,ぜひ見てくださいね!

ところで,最近巷ではインフルエンザが流行ってるようですが,ついに私の妹も新型インフルエンザにかかってしまいました…
しっかりと流行の波に乗ってますね…私はまだかかってないので,流行に遅れてます.
私もかかるのは時間の問題かな…?と思ってたんですが,最近妹と接触してないので,たぶん大丈夫だろう…と.
もうすぐ文化祭もありますし,体調崩さないように頑張ります.
posted by narakousen at 09:00 | Comment(0) | 日記

2009年10月26日

学校&入試説明会(藤田)

昨日は、中学生を対象とした学校&入試説明会でした。

中学生とその保護者がたくさん来校されました。

午前中は、教務担当者の学校の概要説明と入試制度の説明です。

午後から、専門学科の見学でした。

我々の電気工学科も、各研究室から研究に関係するいろいろな展示を出しました。

中学生、保護者とも熱心に見学してくださいました。

こういう行事では、教員が説明するだけでは、
一方通行になりがちなので、
学生たちの応援を頼みます。

今年は、5年生(最上学年)が中心になって説明をしてくれましたが、
3年生の学生も説明に参加したいと名乗り出てくれて
協力してくれました。

中学生に、自分たちの学科を
積極的に紹介しようと考えてくれる学生がいることは、
とてもうれしいことです。


さて、理系ゴコロのプロジェクトの女子学生スタッフも、
学内公募に応募して集まってくれました。
女子中高生に理系の素晴らしさを伝えたいという思いをもっているアツイ女子たちです。
posted by narakousen at 09:43 | Comment(0) | 日記